くりこうの手記 2022年10月

12月4日 日曜日 晴れ

親のスマホ料金はMVNOに乗り換えてもさして安くならない

私のスマホのSIMは、現在povo1.0を契約しています。
月20GBまで使えて、5分以内かけ放題をトッピングして、月額3,300円前後。(5分超の通話の頻度によって多少上下します)

povo1.0に移行する前は段階従量制プランだったので、月3GBを超えないように気をつけて使って、povo1.0より高かったです。

父母は3年ほど前にガラケーからスマホに移行してからも、ずっとauです。
サブブランドやMVMOに乗り換えれば安くなるかもしれません。

以前にも同じことを考えたのですが、当時はキャリアメールの持ち運びが不可能だったため、それがネックとなって断念しています。

月額使用料を払えば、キャリア契約を解約してもキャリアメールを使い続けられるようになったので、改めて電話料金明細を見せてもらい、UQモバイルに移行した場合の料金を算出してみました。

すると、なんということでしょう。
二人合わせても1,000円も安くならない。

どういうことなのか明細を見ていたら、謎の割引がいろいろついていました。

それとは別に嫌悪感を抱いたのは、スマホ機種代金を48ヶ月ローンにされていたことです。
父も母も、持っている機種は機種変更当時のAndroidのミドルレンジやエントリークラスの機種。
それを48回払いにすることで月々の支払いを安く「見せる」という手法に驚きました。

私は2代目のスマホは型落ちのミドルレンジであるSVH41を選びましたが、OSアップデートをしたら我慢できない程度に動作がもっさりし、1年半でiPhoneに乗り換えました。

例え普段はLINEと電話しか使わないとしても、耐用年数の短いミドルレンジ以下のAndroidスマホを48ヶ月ローンにするなんて、スマホの知識が乏しいガラケーユーザーをMNP転出させないように縛りつけるための謀略としか思えません。

新型コロナワクチン4回目打ってきました

接種済証

昨日、集団接種会場で新型コロナワクチン4回目を接種してきました。

4回目接種の話が出た時には「これまで罹っていないし、下火になってきたし、副反応辛いし、やめようかな。」と思っていましたが、12月3日以降の集団接種ならオミクロンBA.5対応ワクチンになると知り予約しました。

最近再びぶり返しているので、受けておいてよかったのかな。

副反応は、やっぱり出ました。
今朝体温を測ったら、37.0°Cで、微熱。
接種した場所は痛みがあります。

会社に電話して「出勤停止の基準は、体温が37.5°C以上」であること、「明らかにワクチン副反応による発熱であっても、起床時に体温が37.5°C以上あれば電話連絡して当務の指示を仰ぐ」ことを確認しました。

若干体のだるさも感じ、頭の回転が鈍っている可能性も考慮し、今日は1日家でじっとしていました。
午前中は「車の運転に支障はないけど、頭が回らなくなったら事故るな」と思い、寝ていました。
昼食時ごろから倦怠感が増し、頭が回らなくなりました。熱を測ったら37.6°Cありました。

明日出勤できるかな。

1Password使ってみた

ごく個人的な話ですが、どうしてもスマホをAndoroid機に乗り換えなければならない事態に陥る可能性がありました。(その事態は回避されました)

iOSからAndroidへの引っ越しは何かと制約がありますが、頭の痛い問題の一つが2段階認証コード生成アプリの移動です。

徐々に普及しているので使っている方もおみえかと思いますが、2段階認証とは、一定時間ごとに生成される6桁の数字を第二のパスワードとして入力する認証方法です。

私が前回AndroidからiOSに引っ越す際は、Google Authenticatorが機種変更に対応していなかったので骨が折れました。
2段階認証を有効にしているサービスに片っ端からアクセスし、二段階認証を解除。
その後iPhoneのGoogle Authenticatorで再度2段階認証を有効にするのです。

iPhone移行後は、同一OS間であれば機種変更に対応するマイクロソフトのコード生成アプリを導入。
当時は「ライフサイクルの短いAndroidには戻らない」と考えていたので、OSの壁が越えられない事が問題になるとは思っていませんでした。

OSの垣根を超えられるコード生成アプリはないのか。
Google Authenticatorは現在は機種変更に対応していますが、一度に移動できるコードは10個までです。今後2段階認証が普及していけば、骨が折れるのに変わりはありません。
探したら1Passwordというサービスを見つけました。

1Passwordはコード生成アプリではなく、パスワードマネージャです。
ブラウザでIDとパスワードを入力すると「保存しますか」と聞かれますが、ブラウザのその機能をアプリケーションやブラウザの機能拡張として提供するものです。

1PasswordはIDとパスワードだけでなく、コード生成にも対応しています。
クロスプラットフォームなので、WindowsでもmacOSでもAndroidでもiOSでも、ChromeでもFireFoxでもEdgeでもSafariでも、IDとパスワードを自動入力してくれるだけでなく、2段階認証のコードまで自動入力してくれるのです。

14日間無料でお試しできるということで、試用してみました。

めっちゃ便利です。
この便利さがOSやブラウザの壁を超えて使えるのは素晴らしい。

お値段は月額2.99ドルですが、ソースネクストが3年版を10,978円で販売しています。
3年で10,978円だと、1日あたり約10円。
1ヶ月で2.99ドルだど、為替レートが1ドル=135円として、1日あたり約13円。
ポチりました。それだけの価値が私にはある。

これでもう、OSの変更を伴うスマホの機種変更も怖くない。

これを機にWindows機のブラウザをFireFoxに

1Passwordの導入で、ブラウザごとに保管されるログイン情報を気にする必要がなくなりました。

私は元々、Windowsで使うブラウザはFireFox派でした。

しかし、ガラケーからAndroidスマホに乗り換え、スマホのChromeのブックマークを簡単に編集できたり、ログイン情報を共有できることから、消極的な理由でWidnowsでもChromeを使うようになりました。

ところが1Passwordの導入により、デバイスやブラウザの垣根を超えてログイン情報にアクセスできるようになったので、Asortaと家族共用PCにFireFoxをインストールしました。

Chromeは現在最も市場占有率の高いブラウザですが、開発しているのはGoogleです。
利用するにはGoogleアカウントへのログインが必須です。
誰が、どんな情報を検索し、どんなサイトを閲覧したのか。
そういったデータを売ることで儲けているGoogleが開発しているブラウザを使うことには抵抗があります。

FireFoxとSafariは、検索エンジンをGoogleからDuckDuckGoに変更しました。

DuckDuckGoは、履歴を残さず、履歴にアクセスしないサーチエンジンです。
Googleでは利用者の情報をもとに検索結果に手を加えますが、何を検索してどこのサイトに飛んだのか、跡をつけられます。
また、検索結果に手を加えられた結果、自分が望まない情報が検索結果から排除され、結果「裸の王様」状態になる「フィルターバブル」に陥ることもあります。

例えば、私がGoogleで「くりこう」を検索するとこのサイトがトップヒットしますが、他の人が別のGoogleアカウントで「くりこう」を検索すると、異なる結果になるかもしれません。

これまでは、フィルターを介さない検索結果を知るにはブラウザをプライベートモードに切り替える必要がありましたが、DuckDuckGoでは、誰が何を検索しても同じ結果になります。

一括1円スマホってどうなんよ?

Androidに乗り換えなければならないかもしれないと書きました。
結果的に乗り換えは回避できたのですが、もしも乗り換えするのであれば、Google Pixel 6aにするつもりでした。

Pixel 6aはミドルレンジでありながら、SoCは上位機種と同じTensorを採用。
YouTubeでレビュー動画を見ても、おおむね好意的に捉えられています。
Google製で、セキュリティアップデートは発売開始から5年間保証されるのも大きいです。

何より、今持っているiPhone 12 miniを下取りプログラムに出せば、1万円ちょっとで購入できる。

ケータイ錬金術師である会社の後輩にスマホを安く購入できる方法を聞いたのですが、驚きました。

1.自分が契約しているキャリアとは別のキャリアで、欲しい機種をMNP転入一括1円で販売しているショップへ行く
2.MNP乗り換えであることを伝えて購入手続きを進め、サインなり印鑑なり身分証明書を出すタイミングで「やっぱり本体だけ欲しい。」と伝える。
3.ショップ側は渋ってきたり「単体販売用の本体は在庫がない」と言ってくるので、「売ってもらえないなら総務省にタレ込むぞ。」と揺すりをかける

一括一円というのは「2年ローン契約」をする前提なので、本体のみ買い切りの場合は1円にはなりません。
詳しいカラクリは分かりませんが、Google公式オンラインストアで購入するよりも安く手に入れられるようです。

でも、ですよ。

キャリアが「一括1円」のような明らかに原価割れする割引を行えるのは、低料金プランのことを知らずにずっと高い料金を払わされ続けている「カモ」がいるからではないでしょうか。

私はそういう抜け道を使い、誰かが余分に払わされている料金を食い物にして端末を安く手に入れようとは思いません。
偽善だと笑いたければ、笑えばいい。私は私の道を征く。

乗り換えは回避できましたが、この時期はメガネが曇ることが多いので、画面内指紋認証は羨ましく思います。